工場の仕事のメリット

工場は人間関係に自信が無くても働ける

工場は基本的に自分の持ち場で自分の決められた仕事を行うため、人と話す機会は殆どありません。
特にラインでの単調作業はその雰囲気が一層強いです。
接客など人を相手にする仕事では、クレーマーを相手にしたりすると対処が難しい場合もありますが、物言わぬ機械相手ならそのようなことはありません。よってよりマニュアルの通りにやりやすい仕事だと言えます。
休憩時間などにはたまにグループで集まって話をしていたりすることもあるかもしれませんが、勤務中に話をすることはほぼありません。
ニートや引きこもり生活を続けていて普段から人と話すことに慣れていなかったり、笑顔で接客をしたりするのが苦手な人にとっては、工場のライン作業はおすすめの仕事です。

工場はスキルが無くても働ける

工場の作業は個人に決められた仕事をこなすのが基本で、マニュアルさえ覚えてしまえば後はその工程を繰り返すだけなので、スキルが無くても働きやすい職種です。
特にライン作業は簡単な仕事が多く、働きやすいでしょう。
ただし期間工などで募集されやすい自動車メーカーの工場では自動車の組み立てなど、力仕事も多いので、スキルはいらないものの体力がそれ相応に必要となります。
またスキルが無くても働けるということはつまり、スキルが身に付かない、ということになるのでそれにも注意してください。
スキルを身につけたい場合は溶接工など関連する資格もあるような業種を選ぶか、勤務外の時間で外国語やプログラミングなどを勉強し、別にスキルアップを行うことをおすすめします。